最近の投稿

生活習慣

生活習慣の乱れというのは、体の健康も害してしまいます。体の健康への悪影響というだけではなく、頭皮の環境にとっても悪影響を与えてしまうのです

AGAの対策としては、生活習慣の改善は必ず行っていく必要があります。AGAで悩まれる前に、食生活の改善を行うように意識する必要もあります。  生活習慣の改善として最初に行っていく必要があるのがアルコールの過剰摂取を控えることです。適度なアルコールの摂取であれば問題ありませんが、過剰なアルコールの摂取というのは、過剰な皮脂分泌を起こす可能性もあります。皮脂の分泌量が増えてしまいますと、頭皮の毛穴を塞いでしまいます。頭皮の環境への悪影響が懸念されてしまうのです。

 

それだけではなく、肝機能が衰えることによって、タンパク質不足になり発毛にも悪影響を与えてしまいます。日頃からアルコールを摂取して、過剰に呑み過ぎていると感じるのであれば控えるようにしましょう。

喫煙も頭皮の環境へ悪影響を与えます。喫煙というのは血管を収縮している状態になりますので、頭皮の血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなりますと、髪の毛に栄養が行き渡らなくなるのです。AGAと頭皮の血行は密接に関わっています。そのため、禁煙の努力をすることは大切です。

食事

AGAの大きな原因というのは、活性型男性ホルモンがヘアサイクルを乱すことが要因だと考えられています。活性型男性ホルモンの影響になりますので、基本的には食事とは無関係だと考えられているのが一般的です。これは一般的に、偏った食生活などを行っていない場合だと考えられます。偏った食生活などを行っている場合には、AGAの進行を早めてしまう可能性は十分に考えられるのです。

食べ物の薄毛の関係性を証明している、科学的文献などは今のところはありません。ですが、食生活によって体の改善を行っていくことができるのは事実です。食生活の乱れから、体の調子が悪くなるという方も沢山いらっしゃいます。このようにAGAと食生活を切り離して考えないようにしましょう。

食生活を改善することによって、AGAの進行を防ぐことができる可能性はあるからこそ積極的に取り入れるべきであると言えます。抜け毛対策として有効な成分としては、タンパク質、ミネラル、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB郡になります。タンパク質に関しては、豆腐や納豆などに含まれているので日ごろから摂取していかれると良いでしょう。日頃から栄養を考えた食生活していない場合には、今後栄養を考えた食生活へと切り替えていくようにしましょう。

AGA対策

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略です。これは男性型脱毛症という意味になります。このAGAというのは額の生え際、頭頂部のどちらか一方、双方から薄くなっていく脱毛のことです。AGAで悩まれている方というのは、日本中に沢山いらっしゃいます。1260万人もの方が、AGAが進行していると考えられています。その中でもAGAのケアを行っている方というのは、半分程度だと言われています。AGAかもしれないと、思われても最初はまだ髪の毛が急激に減るというわけではありません。年々髪の毛が減少していき、5年後などに髪の毛が大幅に減少してしまうのです。

AGAにならないために対策を行っていくことは必要不可欠となるでしょう。そして治療を行っていく際にも、生活習慣の改善などは行っていく必要があります。先ずは自分自身の食生活を見なおしていきましょう。食生活が偏っているという方は、先ずは栄養バランスを考えた食生活に切り替えていくことが大切です。食生活とAGAは無関係だと言われていますが、食生活が大幅に乱れている場合には影響を与えてしまう可能性は十分にあります。少しでも抜け毛などの原因を取り除くことが大切です。

そして飲酒や喫煙をされているという方も注意するようにしましょう。飲酒も少量なら問題ありませんが、過剰な飲酒というのは皮脂の分泌量に大きな影響を与えてしまいます。皮脂の分泌量が増えてしまい、毛穴が塞がることになりますので飲酒されたとしても呑み過ぎないように気をつけていきましょう。